美髪の新結論

美女子が選ぶ「美髪グランプリ」

美髪グランプリをもっとみる

年代別

年齢によって髪質は変化していくものです。各年代別におすすめのアイテムをランキング形式で掲載してします。

タイプ別

ノンシリコンシャンプーもその成分によって、種類があります。各アイテムをランキング形式で掲載。

ノンシリコンアイテムを徹底比較

  • コスパで比較
  • お手軽さで比較
  • 信頼度で比較
  • こだわり成分で比較
  • 初心者向きで比較

ノンシリコン生活

  • プルクルシャンプー体験レポ

    プルクルシャンプー体験レポ通常:¥5,900 お試し:¥3,980プラセンタサプリで有名な「プルクル」からノンシリコンの「プルクルシャンプー」が発売されたので、さっそく体験してみました。

    なほみ初めてのノンシリコン体験。
    詳しくはレポートをどうぞ。

    詳細
体験レビュー一覧

ノンシリコンシャンプー徹底調査

基礎知識から髪の毛のトラブルまで、ヘアケアとシャンプーに関する知っておきたい情報を”美容ライターT”が徹底的に調べました。気になる内容があれば是非読んでみてください。

基礎知識
ノンシリコンシャンプーとは

ノンシリコンシャンプーとはシリコンが入っていないシャンプーのことです。髪の毛の改善には必要のないシリコンを含まないので、髪の毛や頭皮を汚さずに改善していきます。

オーガニックシャンプーって?

オーガニックノンシリコンシャンプーは有機栽培の植物から抽出された成分を95%以上使用した、化学成分を一切含有しない天然成分だけの無添加シャンプーで、髪の毛や頭皮に適度な栄養を与えてくれます。

シャンプーの成分

ノンシリコンシャンプーを解析してみるといろいろな成分が含まれています。頭皮や髪の毛に低刺激のものや、洗浄力は高いけれども髪には向いていないものなどです。

シャンプーph

ノンシリコンシャンプーのphはシャンプーがアルカリ性か酸性かを指し示す数値です。人の肌に近い弱酸性が頭皮や髪の毛に向いているシャンプーです。

界面活性剤とは

界面活性剤には水と油を混ぜる働きがあるもので、ノンシリコンシャンプーを構成する主要な成分です。泡立ちのよさもこの成分の働きによるもので、洗浄力にも関わります。

髪の水分

髪の水分は通常は12~13%と言われています。ノンシリコンシャンプーを使用しキューティクルを健康に保つことが髪の毛の保水力を高め、傷ませないポイントです。

美髪生活
頭皮の健康

ノンシリコンシャンプーで頭皮や毛穴を汚さないようにして、頭皮の健康を維持して健康な髪の毛を守りましょう。ストレスで頭皮が硬くなったり、皮脂で毛穴が詰まっても髪のためにはよくない状態です。

育毛につながるわけ

ノンシリコンシャンプーは直接育毛には作用しませんが、不要なシリコンを使用しないことで髪の毛に付着する汚れやカスが減り、頭皮がより清潔かつ健康に保たれ、育毛にも繋がります。

正しいシャンプー方法

間違った洗髪の仕方をしていると、いくらいいノンシリコンシャンプーを選んでも意味がありません。正しいシャンプー方法を身につけて、健康で艶のある髪にしましょう。

頭皮改善

頭皮の環境が悪くなると、早い段階で髪にも影響が出てきます。不衛生で毛穴が詰まったり、頭皮が硬くなることで血液の巡りが悪くなり、栄養が行き渡らなくなります。頭皮改善のひとつとしてノンシリコンシャンプーも有効手段です。

内側からも健康な髪の毛を作る

髪の毛も栄養が必要です。バランスの取れた食事を心がけ、髪の毛に有効な栄養がある食べ物を摂り、ノンシリコンシャンプーで頭皮を守ることが大切です。

頭皮マッサージ

ノンシリコンシャンプーと合わせての頭皮マッサージは有効です。基本は「押す」と「揉む」です。頭皮の強ばりをほぐし、血行をよくします。気をつけることは頭皮を傷つけないようにすることです。

ブラッシング

ノンシリコンシャンプー前のブラッシングの目的は髪の毛の埃や汚れ、自然に抜けた髪の毛を落とすためです。無理なブラッシングはキューティクルを剥がしてしまうので注意が必要です。

髪美人になるために

毎日のヘアケアが髪美人になるための秘訣です。ノンシリコンシャンプーを選んだり、正しいシャンプーの仕方を実践したり外側からだけでなく、バランスの取れた食事など内側からもケアしなければなりません。

種類
石けん系

ノンシリコン石けん系とはノンシリコンシャンプーの一種で、シリコンが入っていない洗髪用石鹸です。石けんは洗浄力が高く、髪の毛がきしむような感触が強く、使い慣れるまでに時間がかかります。

アミノ酸系

ノンシリコン・アミノ酸系とはシリコンが入っていない、アミノ酸の界面活性剤を使用したシャンプーで、ノンシリコンシャンプーのひとつです。現在最も優れているシャンプーです。

高級アルコール系

ノンシリコン高級アルコール系とは高級アルコールなどを使用したノンシリコンシャンプーです。市販品では最も一般的で、量産に向いたものですが、デメリットも多くあります。

馬油について

馬油シャンプーとは馬から取れた油を100%使用したシャンプーで、アミノ酸系ノンシリコンシャンプーです。浸透力が高く、頭皮の血行をよくするので、抜け毛予防や育毛にも効果があります。

トリートメント

ノンシリコントリートメントとはシリコンが含まれていないトリートメント剤のことです。ノンシリコンシャンプーと併用で使用することで、シリコンが髪に残るのを防ぎます。

国産と外国産

国産と外国産のノンシリコンシャンプーは一概にどちらが劣っているとは言えません。しかし、ターゲットとする髪質や適した水の性質で効果が変わる場合があるので注意が必要です。

髪トラブル
コンディショナー・リンスの注意点

ノンシリコンシャンプーと併用するコンディショナー・リンスの注意点は、まずは頭皮につかないようにすることが大切です。リンスやコンディショナーが頭皮につくと毛穴を塞いでしまうことがあります。

シャンプーの注意点

ノンシリコンシャンプーの注意点は成分をよく確認し、自分の髪質に合ったものを選択し、正しいシャンプーの仕方、正しい乾かし方などを理解して実践することで効果がでるということです。誤った方法は逆効果になります。

トリートメントの注意点

ノンシリコンシャンプーのあとのトリートメントの注意点は、頭皮につかないようにすることと10分程度放置しなじませることと、リンスとは併用しないことです。ぬめりが取れるまでよく流してください。傷みが激しいときはリンスなどよりもトリートメントがいいでしょう。

ドライヤーやブローの熱による注意点

ノンシリコンシャンプー後のドライヤーからの熱風が髪を傷めてしまいますので注意が必要です。風を吹き込ませるようにしながら、やや温度を下げるようにして髪を乾かすのがベストです。80%程度乾けば十分です。

ノンシリコンと書かれていても

ノンシリコンと書かれていても有害な物質を含んだシャンプーは多いです。また、せっかくノンシリコンシャンプーを選んでもリンスやトリートメントでシリコン入りを選んでいる場合があります。

乾燥する季節

乾燥する冬などは髪がパサパサになるなど、水分補給などの手入れが欠かせない季節です。ノンシリコンシャンプーでのきしみだけでなく、頭皮や髪の毛には油断ならない環境です。

ノンシリコンシャンプーの選び方

ノンシリコンシャンプーの選び方はノンシリコンであることが第一条件で、次に石けん系、アミノ酸系、高級アルコール系などの界面活性剤やそのほかコンディショナー剤などの成分をよく吟味して選択することです。

Q&A
ノンシリコン ヘアエッセンスとは?

ノンシリコン・ヘアエッセンスとはシリコンが入っていないヘアエッセンスのことです。ノンシリコンシャンプーなどとセットで使用することで、髪の毛にシリコンが残らなくなります。

ノンシリコン スタイリング剤とは?

ノンシリコン・スタイリング剤とはシリコンが入っていない髪の毛のスタイリング剤のことです。シリコン入りを使用するとシリコンのカスが残り、ノンシリコンシャンプーで洗ってもシリコンが少し残ってしまいます。

炭酸ヘッドスパの効果は?

ヘッドスパとは髪や毛穴、頭皮をきれいにするスパで、特に炭酸泉を使ったものは炭酸ヘッドスパと呼ばれます。炭酸の効果で血行がよくなり、頭部の毛細血管の細部にまで酸素と養分が回り、ノンシリコンシャンプーと同様で髪の毛に絶大な効果が期待できます。

ノンシリコンシャンプーで抜け毛

ノンシリコンシャンプーに切り替えたばかりの人からよく抜け毛が増えたという話を聞きますが、多くの場合、泡立ちがよくなかったり髪の滑りが悪くなったことで、頭部を強く擦ったり引っぱってしまったりすることが原因です。

ノンシリコンシャンプーで髪がきしむ

ノンシリコンシャンプーで髪の毛がきしむのは、髪の毛が滑らかになるシリコンが入っていないからです。しかし、このきしみなどの違和感は一時的なものです。慣れるまでの辛抱です。